日本犬で一番体が小さい|便利なペット用品の通販サイト【何でも揃うネットショップ】
女の人とペット

便利なペット用品の通販サイト【何でも揃うネットショップ】

日本犬で一番体が小さい

柴犬

忠誠心が強く頭が良い

狭い家やマンションで生活をしている人は、小型犬を飼育してみたい人が増えています。豆柴は体の小さい柴犬のことで、品種のことではありません。体重は4キロから6キロ前後になっており、日本犬の中では、一番小型になっています。きちんとしつけをしておくと、室内で飼育がしやすく、非常に頭が良いので、飼いやすいと感じている人が多いです。性格は人間に対して、忠誠心が高く、独立心も強いのが特徴です。豆柴は短毛で立ち耳、巻しっぽなどの愛らしい外見をしており、外国人の間でも高い人気があります。短毛ですが、春先になると抜け毛が増えるので、丁寧にブラッシングをしてあげることが大事です。しつけは主従関係をきちんと作る必要があります。

長生きする犬が増えている

豆柴を運動させるために、散歩をさせている人が多いですが、体が小さいので一日に1時間程度の運動で十分です。紫外線の強い時期や、寒い時期には、防寒性に優れており、通気性に優れたペット服を着用させてあげる必要があります。散歩から帰宅したら、新鮮な水で水分補給をしてあげる必要があります。豆柴は、白、赤、黒などの被毛がありますが、一般的なのは赤になっています。愛らしい顔立ちと小さな体がとても魅力的なので、年代を問わずに高い人気があります。初めて子犬を迎え入れる時は、必要以上にかまわずに、ペットゲージなどに入れて落ち着かせてあげることが大事です。現代は10年から、15年以上長生きする豆柴も増えているので、信頼できる獣医を見つけておくことも大事です。